採用情報
トップ > 採用情報 > 求める人物像

求める人物像

我が社の場合、交通計画を中心とした業務を数多く行っていますが、業務内容は「数学的モデルを使った計算」、「アンケート調査」、「動画やデザインを工夫した冊子づくり」、「GIS(地理情報システム)を使った分析」、「スマートフォンを使った交通施策」、「学校教育と連携した公共交通や環境学習」、「地域の観光振興計画」、「地域の方とワークショップなどを通じた協働による地域づくりの実践」、「道路整備の計画」、「社会資本整備の費用便益分析」、「旅行業とリンクした観光振興計画」など、多岐に渡ります。

地域の人たちとのWSの様子

これら全てを最初からこなすのは非常に厳しいため、地域を元気にするための何か一つでも得意技を身につけていただき、仕事をしていただくことになります。

地域づくりのコンサルタントの仕事は、ほとんどが官公庁からの受注業務となります。工期があるためクライアントの要望によっては非常にタイトなスケジュールでこなしていく必要がありますが、「地域を元気にする計画を自分たちが創る」という喜びと楽しさがあります。

このような仕事を行うためには、以下のような力を身につける必要があります。

①文章を作成する。
報告書を作成することでお金をいただくため、どこに出しても恥ずかしくない文章作成能力を身につける必要があります。
②プレゼンを行う。
作った計画や整理した資料を的確にクライアントや地域の人たちに発表する能力が必要となります。
③アイディアを出す。
地域の課題を解決するための方策や分析方法について、いろいろとアイディアを出す必要があります。アイディアといっても、適当な思いつきではなく、専門的・技術的・論理的に組み立てたものが必要になりますので、日頃からの勉強も重要です。

非常に簡単に記述しており、難しそうに感じるかもしれませんが、仕事自体はやりがいのある内容です。 最初は、下積みから先輩の指示の下でひとつひとつこなしていくことになります。

我が社の情報システム部門は、従来はコンサルタント部門のサポート業務を主体に行ってきましたが、昨年度より単独で売り上げと利益を上げることを目標に業務内容の見直しを行いました。

主な業務内容は、我が社の得意分野である「GIS(地理情報システム)を活用した様々な分析システム」、「スマートフォンのアプリによるシステム」、「公共交通支援のシステム」、「交通の利便性を高めるための製品への組み込みシステム」など、弊社内の独自ソルーションをベースにしたシステム開発が主体となります。また、昨年度よりRubyによるシステム開発にも取り組んでおり、島根県内の情報産業会社と連携した動きも予定しています。

システムエンジニアの仕事もコンサルタントと同様に、工期があるためクライアントの要望によっては非常にタイトなスケジュールでこなしていく必要があります。当然、残業も多くなります。 しかし、世の中を便利にするシステムを自分たちが開発するという喜びと楽しさがあります。

このような仕事を行うためには、以下のような力を身につける必要があります。

GISを使用した分析イメージ
① コミュニケーションをする。
お客様とのコミュニケーションを通じて、お客様の課題を共有しながら、最善の解決方法を提案する事が必要です。そのためには、きちんとコミュニケーションがとれて、お客様との信頼関係を築いて業務を進めて行ける能力が必要です。また、業務に責任感を持って臨み、強い意志を持ち目の前の課題に取り組める力が必要です。
② IT技術の習得
近年、ITに関する技術は常に変化しています。そのため、新たな技術(プログラミング等)を習得することに常に前向きであること、また、新たな技術に常にアンテナを張っておくことが必要です。
③ 必要なスキル
必要となるスキルについては、WEB開発技術、モバイル(おもにはスマートフォン開発)開発技術を求めます。また、ハードウェアと連携したシステム開発も必要となることからハードウェアの知識も必要です。それらを組み合わせ、お客様が望まれるシステム(サービス)を提供できるシステムを設計し構築できる能力が必要となります。